短期インターンシップ/フィールドワーク手続き・書式

 

短期実習(科目名:新炭素資源学演習Ⅱ)は、原則として、フォーラムで企画する実習に参加して履修するものとします。

個別計画の場合は、事前に事務局へお知らせください。実習先や計画の妥当性等、GCOE内で予めチェックさせていただきます。

 

 

1.  「短期実習申請書」の提出 (日本語版) (英語版) 

 

2.  審査 (個別計画の場合のみ) (実施要領は長期インターンシップと同様) 

 

3. 出張手続き

 

    ・賠償責任保険(学研賠)にご加入ください。(九大学生係で申込可)

 

  筑紫地区

 

  伊都地区

 

 

4. 実施

 

5. 実施後の処理: 終了後1週間以内に、GCOE事務局へ提出のこと

 

   ・出張報告書、航空券の領収書、半券の提出 (3. 出張手続きの各地区のリンク参照) 

 

   ・GCOE用報告書2件  

 

     書式

終了/成果報告書 (日本語)(ENGLISH): 目的、活動内容、成果などを明確にまとめてください。(*1)

成果報告集用原稿 (日本語)(ENGLISH): 感想や印象に残ったことなど自由に書いてください。

                            現地で撮った写真も2,3枚つけてください。(*1)

 

      *1: 「終了/成果報告書」および「成果報告書用原稿」は、電子ファイルもE-mailにてお送りください。

 

              (E-mail to:)

 

 

6.単位認定審査会 

 

7.「新炭素資源学演習Ⅱ」の単位認定