「新炭素資源学」研究活動経費(奨励費)受給者の方へ

各種申請書類のフォーム地区別で異なっております。下記の当てはまる方から入手してください。

筑紫・箱崎地区の方 → こちらをクリック

伊都地区の方 → こちらをクリック  

 

奨励費使用上の注意 

 奨励費は、「新炭素資源学」研究活動に関する研究用品購入、または、調査、学会発表のための旅費に使用して下さい。 

 ただし、購入できないもの(コンピューター等)、旅費として認められないものがありますので、注意して下さい。

 

支出可能な経費について

1.物品購入

2.旅費

3.学会参加登録料(その他)

4.論文の投稿及び別刷にかかる経費(雑役務)

5.英文校正料(雑役務)  

 

 1.物品購入について

● 購入可能な物品

①試薬類

②ガラス器具類

③研究関連消耗品・事務用消耗品

④図書(雑誌・辞典・辞書は不可)

⑤学会参加に付随する要旨集など  

 

 【必要書類】

①購入連絡表(奨励費) 

※「新炭素資源学」研究拠点拠点事務室に電子ファイルを送信後、出力し、指導教員の押印を得た上で提出して下さい。

②見積書・納品書・請求書 

 ※納品書について   

 ・検収センターによる検収印がある場合、受領者(本人)の印を押印し、受取日を記入して下さい。

 ・ 検収センターによる 検収印がない場合、受領者(本人)と確認者1名の印を押印し、受取日を記入して下さい。 

※請求書が必要でない場合について  

 ・九州大学生協など、月に一度まとめて請求書を発行する業者からの購入の場合、提出の必要はありません。

注1)購入連絡表について  

 プルダウンをクリックすると選択候補が表示されますので、その中から当てはまる候補を選択、または直接入力してください。  

 作業が終了したら、「送信」をクリックすれば、事務局に送信されます。  

 (PCの相性によりこの機能が使用できない場合は、メール添付にてご提出下さい。)

注2)九州大学と初めて取引する業者から購入する場合  

「相手先登録依頼書」の提出が必要です。書式につきましては事務局までお問い合わせ下さい。

注3)図書につきましては、図書館に登録する必要があるため、伝票とともに書籍をご提出下さい。

注4)学会参加登録費と同時に支払う、または現地でしか購入できない要旨集代以外、立替払いはできませんのでご注意ください。  

 

 2.旅費について

出張前に提出する書類

①出張依頼書(2)

 ※「新炭素資源学」研究拠点事務室に電子ファイルを送信後、出力したものを指導教員の押印を得た上で提出して下さい。

 ※海外に同行者なく学生が一人で出張する際は、指導教員による理由書が必要です。

②プログラム、アブストラクト等(学会参加登録費の記載されたもの)

③日程表 

※国外の場合は必須。 

※国内の場合は、複数の用務の為に複数の市で用務を行う場合に必要です。

④見積書 

※航空機、高速船の場合に必要。 

※海外渡航の場合、航空機の見積書は明細(運賃、税燃料サーチャージ、空港使用料、税など)が記載されたものが必要です。

⑤給与等の口座振込同意書(4枚複写)  

※現在の学籍番号で振込先口座を登録していない場合に提出が必要です。  

※留学生は通帳(名義人・銀行名・支店名・口座番号が明記されたページ)のコピーが必要です。

⑥領収書

⑦承諾書(伊都地区の学生のみ)

上記の書類を国内外問わず、出張の1ヶ月前までに拠点事務局に提出後して下さい。  

【出張後に提出する書類】

⑤半券

⑥報告書 

 ※「新炭素資源学」に係る教育研究ならびに人材育成 に必要であることを盛り込んだ内容にして下さい。 

 ※学会参加が用務である場合、「見学」など遊興を想起させるような文言の使用を避けて下さい。   

 また、「共同研究」等「新炭素資源学」以外の用務も含むかのような誤解を与える文言も避けて下さい。 

 ※短期実習など、施設見学を主たる用務内容とする出張の場合は、「施設見学」という文言の使用も可です。  

 

3.学会参加登録費について

①学会登録参加費支出伺 (奨励費)

②立替払請求書 (奨励費)  

 ※①②は、「新炭素資源学」研究拠点事務局に電子ファイルを送信後、出力し、指導教員の押印を得た上で提出して下さい。

 ③料金表

 ※金額記載のあるパンフレット、学会HPから出力したもの等

④学会プログラム

 ※日時・スケジュール等がわかるもの

 ※発表した場合、氏名が記載されているページも必要です。

⑤学会が発行する領収書

⑥払込証明書またはクレジットカードの明細書

     ※クレジットカードによる支払いの場合、明細はコピーやWEB明細の出力したものでも可能ですが、

 「原本に相違ありません。」と記載して、その横に署名、押印をお願いします。

     ※印刷物には、立替払人の氏名、金額(日本円・現地通貨額)、為替レート、支払い相手先が      

   明記されていることが必要です。

       複数ページにまたがっている場合は、すべてのページを印刷してください。

     ※関係ない箇所は黒塗りして構いません。

注)学会登録参加費支出伺・立替払請求書:

  プルダウンをクリックすると選択候補が表示されますので、その中から当てはまる候補を選択して下さい。直接入力も可能です。

  作業が終了したら、「送信」をクリックすれば、事務局に送信されます。

   (PCの相性によりこの機能が使用できない場合は、メールにファイル添付してご提出下さい。)  

4.論文投稿・別刷費について

①論文投稿・別刷費支出伺 (奨励費用)   

※「新炭素資源学」研究拠点拠点事務室に電子ファイルを送信後、出力し、指導教員の押印を得た上で提出して下さい。

②伝票(見積書・完了報告書・請求書)

③論文掲載ページのコピー(別刷りの場合は現物を1部提出して下さい。)

注)九州大学と初めて取引する業者に依頼する場合

  「相手先登録依頼書」の提出が必要です。書式につきましては事務局までお問い合わせ下さい。

 

5.英文校正料について

①英文校正料支出伺 (奨励費用) 

※「新炭素資源学」研究拠点事務局に電子ファイルを送信後、出力し、指導教員の押印を得た上で提出して下さい。

②伝票(見積書・完了報告書・請求書)

 ③校正前後の原稿を1部ずつ

注1)九州大学と初めて取引する業者に依頼する場合

  「相手先登録依頼書」の提出が必要です。書式につきましては事務局までお問い合わせ下さい。

注2)原則として立替払いはできませんのでご注意ください。

 

 立替払いについて

立替払いできるものは次の通りのみです。

 1.学会参加登録費 

 2.論文投稿及び別刷にかかる経費(後払いができない場合)

  その他、提出する書類について

①研究拠点形成費補助金若手研究者研究活動経費実施申請書(年度当初)

②経費管理表(毎月月末迄に提出して下さい。) ※ファイル送信のみ 

 ファイル名は「新炭素資源学」経費管理表_氏名_西暦下2桁年月(ex. 「新炭素資源学」経費管理表_九大太郎_1104)とし、  事務局宛に(経費が発生しない月も)添付送信して下さい。 管理表は毎月追加形式で作成ください。(前月までのデータの下に当月分を記載すること)  

 提出先筑紫

・箱崎地区の方→ 「新炭素資源学」研究拠点事務局(本部) 内線 筑紫(93)-7619 gcoe-c-keiri@cm.kyushu-u.ac.jp   ※担当者: 松尾・宮川

伊都地区の方→ 「新炭素資源学」研究拠点」事務局(伊都ブランチ) 内線 伊都(90)-3348 matsue@mine.kyushu-u.ac.jp   ※担当者: 松榮