2009年度 フォーラム

 「新炭素資源学」平成21年度 フォーラム討論会

日 時: 2010年6月19日(土)   13:00-16:00

会 場: 九州大学 筑紫キャンパス 総合研究棟(C-CUBE 3階 303号室)

 

平成21年度に開催したフォーラムを4つの話題に分けて討議し、年度の最終とりまとめを行います。

 

(1)エネルギーベストミックス

   石炭火力発電の効率化、太陽光発電、風力発電

(2)CO2を考える

   CCS、泥炭火災

(3)省エネルギー

   ヒートポンプ、化学産業の成長戦略

(4)アジア環境

   中国の環境・エネルギー事情、都市設計

 

論点1:世界の成長を支える炭素資源の使い方で,なおかつ,地球の炭素循環内に収まる方法.

論点2:環境を保全しつつ経済成長を達成する方法~急速に発展するアジアを典型例に.

論点3:世界全体が成長する際の,先進国の役割,発展途上国の役割.ともに発展する科学技術は?

 

2010年 2月 8日開催:Forum III

第7回「新炭素資源学」
フォーラム III (アジア環境フォーラム)

日時 2010年 2月 8日(月) 14:00-17:00
会場 九州大学 筑紫キャンパス 総理工第3講義室 (E棟寄1F)
タイトル アジアのメガシティの生活環境

 

14:00 開会挨拶
14:10~15:00 City Ventilation for Better Urban Air Quality and Energy Efficiency
Yuguo Li (香港大学教授) 発表者:Lina Yang (香港大学研究員)
15:10~16:00 Compact City Planning for Low-Carbon Society
出口敦 (九州大学大学院人間環境学府教授)
16:10~17:00 総合討論

               司会:林徹夫 (九州大学教授)

 

2010年1月30日開催:Forum I

第6回「新炭素資源学」
フォーラム I (効率的エネルギー利用フォーラム)

日時 2010年1月30日(土)
会場 九州大学 筑紫キャンパス 総合研究棟(C-CUBE 3階 301, 303号室)
タイトル Power from Renewable Energy

 

Announcement and Call for Participation
(100130_Forum1_3rd_meeting_announcement.PDF)

 

13:00 Brief Introduction of Forum I
林潤一郎 (九州大学教授)
13:10 What Are Solar Cells? How it Works for Clean and Green Society?
柿本浩一 (九州大学教授)
14:10 Break
14:20 Development of a Highly Efficient Wind Turbine with Wind-Lens Technology
大屋裕二 (九州大学教授)
15:20 Break
15:30 Discussion and debates
Chaired by Forum I Advisors

 

2010年1月23日開催:Forum II

第5回「新炭素資源学」
フォーラムⅡ(省エネルギーフォーラム)

日時 2010年1月23日(土)
会場 九州大学 筑紫キャンパス 総合研究棟(C-CUBE 3階 301, 303号室)
タイトル 材料ベースの省エネルギー: 化学産業の成長戦略

 

13:00~13:10 代表挨拶 永島英夫
13:10~14:05 The Role of Chemical Industry for a Sustainable World
浦田尚男 (三菱ケミカルホールディングス)
14:05~14:10 Break
14:10~15:05 自動車用プラスチック・ゴムのリサイクル技術開発
佐藤紀夫 (豊田中央研究所)
15:05~15:10 Break
15:10~16:05 生産効率のケーススタディ;受託合成業界の視点から
栗田壮太 (ランクセス株式会社サルティゴ医薬担当)
16:05~16:10 Break
16:10~17:00 総合討論

 

2009.12.10 12月19日開催:Forum II / Forum III

第4回「新炭素資源学」
フォーラムⅡ(省エネルギーフォーラム)& フォーラム Ⅲ (アジア環境フォーラム)

日時 2009年12月19日(土) 13:00~17:00
会場 九州大学 筑紫キャンパス 総合研究棟(C-CUBE 3階 301, 303号室)
タイトル システムベースの省エネルギー: エネルギー有効利用技術

 

13:00~13:10 代表挨拶 永島英夫
13:10~14:10 Ultimately Efficient Use of Energy Over the Edison’s Paradigm and the Ford’s
浜松照秀 (UXSEP研究館代表、電力中央研究所名誉特別顧問)
14:20~15:10 Chemical Heat Pump for Waste Heat Utilization in Industrial Field
加藤之貴 (東京工業大学准教授)
15:10~16:00 The Effect and Potential of Heat Pump Technology for Business and Residential Sector
矢田部隆志 (東京電力)
16:10~16:50 総合討論

 

2009年12月 5日開催:Forum I / Forum III

第3回「新炭素資源学」
フォーラムI (効率的エネルギー利用フォーラム)&フォーラムⅢ (アジア環境フォーラム)

日時 2009年12月 5日(土)
会場 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館 517号室
タイトル Peat: CO2 Emission Source or Carbon Resource?

 

Announcement and Call for Participation
(2009Dec5ForumI&IIIannouncement.PDF)

 

13:00

Brief Introduction of Forum I
Jun-ichiro Hayashi (IMCE)

13:10

 

Annual Peat Fires in Humid Tropics of West Kalimantan, Indonesia and the Consequences on Peat Carbon Strage, and CO2-e Emission
Gusti Z. Anshari (Centre for Wetlands People and Biodiversity, Tanjungpura University, Indonesia)

14:20

Recent Progress in Indonesian Peat Utilization Research

Anggoro Tri Mursito (LIPI: The Indonesian Institute of Sciences, Indonesia)

15:30 Discussion and debates
Chaired by Tsuyoshi Hirajima (Graduate School of Engineering)
and Jun-ichiro Hayashi (IMCE)

 

2009年11月30日開催:Forum III

第2回「新炭素資源学」
フォーラム III (アジア環境フォーラム)

日時 2009年11月30日(月)
会場 九州大学 筑紫キャンパス 総合理工学府 E棟1F 第3講義室
タイトル 低炭素社会におけるアジアのエネルギー消費の課題と取り組み
~アジアのエネルギー問題と対応~

 

13:00-13:10 挨拶 寺岡靖剛 (九州大学教授)
13:10-13:20 中国のエネルギー問題と温暖化への対応
明日香寿川 (東北大学教授)
14:00-14:40 九州電力の海外での省エネ・環境への取り組みについて
舟越節彦 (九州電力海外事業部)
14:40-15:00 質疑応答
15:00-15:20 休息
15:20-16:00 温暖化対策としてのエネルギー節約の評価
馬奈木俊介 (横浜国立大学准教授)
代理説明:堀史郎 (九州大学教授)
16:00-16:20 質疑応答
16:20-17:30 総合討論
コメント:林徹夫 (九州大学教授)、司会:藤田敏之 (九州大学准教授)                                                                                 
   

 

2009年8月22日開催:Forum I / Forum II First Joint Meeting

第1回「新炭素資源学」
フォーラムⅠ(効率的エネルギー利用フォーラム)
&フォーラムⅡ(省エネルギーフォーラム)

日時 2009年8月22日(土)
会場 九州大学 筑紫キャンパス 総合研究棟(C-CUBE 3階 301, 303号室)

 

Announcement and Call for Participation
(Forum I&II announcement 090817.PDF)

 

Development of IGCC (Integrated coal Gasification Combined Cycle) Technology

原三郎 (電力中央研究所エネルギー技術研究所) 

 

Explanation of CCS (Carbon dioxide Capture & Sequestration) Technology

原田達朗 (九州電力総合研究所)

Dr. Hara kindly let us know the following website, from that you can download detailed information on IGCC and IGCC-related technologies.

http://www.netl.doe.gov/energy-analyses/baseline_studies.html

http://www.gasification.org/

http://www.jcoal.or.jp/publication/kouenshiryo.html#ccd2008

 

2009.07.31  フォーラムの発足について

去る7月28日(火)、「新炭素資源学」フォーラム説明会をコース学生と学術研究員に向けて行いました。その中で、効率的エネルギー利用フォーラム(Forum I)、省エネルギーフォーラム(Forum II)、アジア環境フォーラム(Forum III)を立ち上げ、拠点内で議論、ならびに拠点外から講師をお招きして議論する中で、現状を正しく理解して意見を活発に交わし、年度ごとに小まとめをしながら4年後に提言としてまとめることを、拠点リーダーの永島英夫教授が説明しました。