2009.06 林潤一郎教授、「第7回産学官連携功労者表彰」受賞

九州大学先導物質化学研究所の林潤一郎教授らの研究「木質バイオマスを全量燃料にするパイロコーキング技術の開発」が、第7回産学官連携功労者表彰:環境大臣賞を受賞しました。

 

産学官連携功労者表彰とは、「大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動において、大きな成果を収め、また、先導的な取組を行う等、産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例」に対して授与されるもので、その中で環境大臣賞とは、「地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全の視点から、大学、公的研究機関、企業等の産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例を表彰するもの」です。(※「」環境省ホームページ)

 

環境省報道発表資料

平成21年6月5日 産学官連携功労者表彰(環境大臣賞)の決定について